2012年1月18日 (水)

伝えられなかったまま  行間の中で腐敗する愛

数日前、近所のTUTAYAに足を運びCDを物色。
すると、意外なCDが平置きされてPOPが付けられていた。

ハヌマーン 「RE DISTORTION」

嬉しいと同時にびっくりした。POP云々の前に、そもそもTUTAYAでレンタルしてること自体にも驚いた。

何故なら、このバンドは既に無期限活動休止状態に入っているからである。

有名なバンドであれば、別に解散していようが活動休止状態であろうがCDレンタルやPOPについて何ら疑問を持つことは無い。

しかし、ハヌマーンはまだまだ3マンや4マンなどのライブ出演が主だったインディーズバンドである。

POPを作成するくらいだから、店員さんの中にハヌマーンの音楽を好きな人がいるのかな。と、嬉しくなった出来事でした。

それにしても、このバンド。
活動休止の仕方がいただけなかった。

タワレコメンに選ばれたり、RSR 2010やCDJ 10/11に出演した影響もあって、これから日の目を見るのでは…と期待していた矢先に突然の活動休止。

しかも、既に予定されていたライブも全てキャンセル。
活動休止するにしても、これは酷いな…。関係者は多大な迷惑を被ったのでは、と他人事ながら思ったものです。

その後、休止前に製作していたという3rdミニアルバムを発表。店頭や音楽配信・通販サイトでの販売は一切行わず、公式HPでのみ通販していたCDを入手して聴いたりしました。

ただ、正直な感想としては…微妙な内容。

ハヌマーンはフルアルバムを1枚、ミニアルバムを3枚だしていますが、個人的に好きなのは「World's System Kitchen」と「RE DISTORTION」です。

多少、青臭い表現だなぁ…と思う箇所はあるものの、この2枚に関してはその表現が嫌な感じはしなかった。

他の2枚は失礼ながら、どこかから持ってきた感じの印象が拭えなかった。しかし、上記の2枚のアルバムは初聴で心を掴まれ、面白いと感じました。

…この一連の発言ときたら私、何様だよって感じですね。

結局のところ、私はこのバンドのライブへ一度だけしか行けずに終わってしまいました。

CDJ 10/11にも参戦していたのに、うっかりタイムテーブル見落として聴き逃したのも今では良い思い出。あの時は「まぁ、多分来年も出演してくれるよな。」と楽観しておりました。苦笑

ところで、活動休止については色々とやばい噂もあるようですが…。

私は良い音楽さえ聴ければそれで満足です。

ハヌマーンの音楽をよく聴いていた時期はブログを放置しまくっていたので、今更ながらグダグダと書き連ねてみました。

うん、ほんと…今回は普段以上にクダ巻いたな;

そういえばココログさん、記事内にamazonのアフィリエイトを貼り付ける機能は廃止しちゃったんですね。画像がないと記事が余計に地味だな…。
代わりとしてサイドバーに色々貼り付けてみました。

ちなみに今回のタイトルはハヌマーンの「幸福のしっぽ」から拝借。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月15日 (日)

殊萬句舞繪鏤

Jan_svankmajer_3
チェコアニメーションの巨匠、ヤン・シュヴァンクマイエルの新作映画「サヴァイヴィング ライフ」が漸く名古屋で上映されるようです。

待ってた。ずっと待ってた…。
やっと上映ですよ!

「サヴァイヴィング ライフ」については確か去年の7月頃に「prints21」で知りまして、すぐさまサイトを見ました。

東京で8月27日から公開されるのを皮切りに、全国にて順次公開とのことで。公開予定の劇場はサイトに載っていたので、名古屋でも上映することを確認して公開日もチェック。

ところが。

名古屋での公開日は未定との表記。この時点では他の地方でも未定の劇場が結構あったので、サイトをこまめに覘いて経過観察。

10月頃になると、ほとんどの劇場で公開日が決定。
大体の劇場は10~12月の間に公開日があった。

その頃、名古屋は…いまだ未定状態。

9月→ まだかな まだかな♪
10月→ まだかな まだかな。
11月→ まだかな…。
12月→ 上映する…のか?

こんな感じで。結局12月になっても名古屋だけが未定のまま、日々が過ぎ去っておりました…。

そして新年明けまして、漸く公開日が決定!

はりきってシネマテークへ前売り券を買いに行きましたよ。
特典でポストカードを貰いました。

公開期間は2月4日~17日まで。
うっかりしてると見逃しそうだ。怖い。

しかし、名古屋では何故こんなに公開日が延びたのか…。

ところで先程「アニメーション」という表記をしましたが、いわゆる日本で一般的に認知されているアニメの概念とは異なります。

実写・人形・クレイ・オブジェなどの手法を融合させたコラージュ・アニメーションというジャンルにあたるかと。

ちなみにこの映画、R18+なので残念ながら18歳未満の人は観ることが出来ません。

今回のタイトルは特に思い浮かばなかったので、ヤン・シュヴァンクマイエル氏が原画を描いた木版画の落款から拝借しました。

凄い当て字…。やはり海外の御方の名前を漢字にするのは難しいのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 3日 (火)

明けましておめでとうございます

年末にも更新しようと思ってたんですけどね。
相変わらず駄目だぁ…

今回も友人からCDJに誘われたので行こうかな~と思ってたんですが、ぼやぼやしてたらチケットを買い逃しましたよ。

そんな訳で地元に帰省してダラダラ年越しました。

年末年始、ビール三昧です。

年末に高校時代の友人と3人で飲みに行きました。
現地集合の店に最後に到着すると2人ともカクテルを飲んでいた。

と、思ったら。
ひとりは仕事帰りで車、ひとりはご懐妊。
2人ともジュースでした。

そんな訳で私ひとりがアホ程お酒を飲みました。笑
この感じだと今日は一時会でお開きかなと思っていたら。

「あ、まだ10時じゃん。次どこ行く?」
妊婦の発言により二次会決定。良いのか妊婦。

二軒目に移動して飲み明かしました。
ソフトドリンクで夜中の2時まで、って凄えよ2人とも。

とっても楽しかったです。

私は自分と同じくらい飲める人ととでないと、人に合わせてお酒の量を調節しがちなのですが、この2人とは気兼ねせず酒が飲めます。

まったく遠慮せずに7~8杯飲んでた気がします。
遠慮しなさ過ぎか。いえ、流石にお金は多めに払いました。

しかも家まで車で送ってもらいました。
君はなんていいやつなんだ。

あ、ところでversion 21.1 fourth行きます。

CDJ誘ってくれた御方と行きます。
フェス以外で誰かと一緒にライブ行くの初めてかもしれない。
本当に今まで音楽の趣味が合う友人が居なかったので。

以前にも書きましたが。趣味の合わない人をライブに連れてくのは嫌だし、ライブに一緒に行くための友達を探すのも何だか性に合わんのです。

そういえば最近ペンタブを買いました。初ペンタブ。

そんな訳で今回はペンタブ付属のお絵かきソフトPainter essentials 4で年賀状を作成しましたよ。とは言っても、ペンタブを使って描いた年賀状は絵がアレなので1人にしか送ってないのですが。

他は普通のデザインで送りましたよ。
私も流石にもう大人なので;

ペンタブで絵を描くのは慣れるまで大変と聞いていたのですが、意外と初描きでも普通に描けました。線は。

ただ、色塗りが難しいですね…。
まぁ、私はアナログでも色塗りがすっげー下手で苦手なのですが;
つまりセンスが無いのです。

せっかく描いたので、恥さらしながらここに晒してみようかと思います。拡大しないと線が細すぎて微妙な絵が更に微妙…

批判が怖いので誰が誰かは述べませんが、某ボーカル3人です。似てねえから大丈夫だろ。

ではでは、本年も宜しくお願い申し上げます。
Version_211

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

つかまらないけど ちょっと待ってね

復活宣言したにも関わらず約2週間の放置でございますよ。

低空飛行っぷりは相変わらず。
今晩和、はちすです。

煎茶道をやっている友人から玉露をいただきまして。
夜なのにあまりの美味さに調子こいて3杯も飲んだら、眠気のお出ましになる気配がございません。

私は茶所の出身ですが、やっぱ玉露は特別ですよ。
急須と湯呑みを湯で温めて、50~60℃の湯で淹れると超絶美味い。
美味いよ玉露は。あの旨みと甘み。飲むとやる気が出てくるよ。

最初、うっかり普段の茶と同じノリで沸騰一歩手前の湯を使用するという失態を犯しました。何とも言えないエグみが出て、すげー不味い。せっかくの玉露が台無し。

…茶の話はこのくらいにしておきます。
玉露パワーでなんか変に覚醒してんなぁ。
 
更新せねばと思いたって書いているので、特にタイムリーなネタは持ち合わせていないのですが。

ここ半年程、よく聴いてる音楽について語ってみる。

えーと、Deerhoofにハマってます。…今さら!
とうとう洋楽に手を出しちまった。まぁ、ボーカルは日本人だったりしますが。

元々は「+81」くらいしか曲を知りませんでした。実はOGREとの対バンでライブを観たこともあるのですが、この時は「面白い曲だな~」くらいの感覚でそこまでピンとはこなかった。

しかし、ある時期から頭の中でグルグルと再生されるようになりまして。

試しに、近所のTUTAYAでアルバム「Friend Opportunity」を借りてみたら…嵌ってしまいましたよ。もう。

「Believe E.S.P.」や「Cast off Crown」、「Kidz Are So Small」は特に好き。

他のアルバムの曲では「Giga Dance」とか「Chandelier Searchlight」とか「Hey I Can」とか…まぁ、これ以外にも色々と。

ボーカルが日本人の影響か、歌詞に時折日本語が混ざっている。
とは言っても、昔のJ-POP的なサビだけ英語みたいな奴ではなく、本当にごちゃ混ぜで言葉遊びの様な面白い感覚に陥る。

TUTAYAには「Friend Opportunity」しか置いてなかったので、あとは地道に買い揃えております…。

しかし、タワレコにも最新の作品くらいしか置いてなかったりする。
仕方ないので注文して取り寄せたりする訳ですが、洋楽に疎い私は勝手が分からず右往左往しております;

「Milk Man」なんて、ちゃんと日本盤でてるのに輸入盤をうっかり注文しちゃったり…。日本盤は対訳のみならずボーナストラックまでついてるのに。阿呆だ自分!

そして気になるのが、輸入盤のCDに「MIDE IN CANADA」のシールが貼られていること。
DeerhoofってUSのバンドじゃなかったっけ…?

ちなみに、注文をしたタワレコ。
以前は最新作しか置いてなかったのに、それ以降は店頭に日本盤の「Milk Man」を置いてくれている…。これは私に日本盤も買えと言っているのか?(自意識過剰)

あと、当たり前だけど公式サイトは表記が全部英語。
私の怪しい英語力では、怪しい訳しか出来ません…。

なんつーか、洋楽ファンって凄いなと思いました。

ちなみにDeerhoof、タワレコ限定で出してるCD「Behold a Marvel in the Darkness EP」などもあります。トクマルシューゴが1曲リミックスしてて嬉しい発見。
ボーカル以外の人が日本語で滑舌良く唄う「Hey I Can (ILLREME remix)」が妙に面白かった。

本日のタイトルはDeerhoofの「Hey I Can」から拝借。
ああ、目が冴えたまま朝になってしまう。玉露すげー…。

Milk Man Music Milk Man

アーティスト:Deerhoof
販売元:Kill Rock Stars
発売日:2004/03/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Friend Opportunity Music Friend Opportunity

アーティスト:Deerhoof
販売元:Kill Rock Stars
発売日:2007/01/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

※ 貼り付けてあるのは両方輸入盤。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

やるならやらねば

おひさしぶりです。
…とか、言ってよい次元なのか。

今年に入って、記事1件しか書いてないという有様でしたよ。
これは低空飛行ではなく、放置。まさに放置。
 
このブログではライブの感想をメインに書いておりましたが、ここ1~2年程は頻繁にライブに行くこともなくなってしまいました。せいぜい4~5ヶ月に一回程度。

仕事と資格の勉強の忙しさによって筆不精が加速の一途を辿った訳ですが…

ただ、それにつけても私の場合。学生時代の忙しさも半端無かったので、言い訳に過ぎないのです。

貧乏学生だった故、9:00~17:00まで働いて17:30~21:00頃まで大学で勉強して、そこから飲みに行ったり帰宅してまた勉強したりとか土曜も講義あったりとか…そういえば今思うと壮絶な生活を送っていたような。

しかも、ちゃんと節約のために弁当まで作ってたんだぜ。
凄えな、あの頃の自分。

でも全然、苦ではなかったのだ。フットワーク軽かった。
一人暮らしをする必要がある大学に無理を言って進学させてもらったのだから当たり前だと思っていた。

たった数年で、随分動きが鈍くなったものだなぁ。自分。
 
思い出話はさておき。

ふと、また何か文章を綴りたい気持ちになりました。

コンスタントに更新できるようになるかは分かりませんが、再開してみようと思います。放置しすぎたので読者様も限りなくゼロに近いのですが、こんな状況の中でも時折顔を覗かせてくださる御方もいらっしゃいまして。誠にありがとうございます。
 
で、再開するにあたり。

ブログタイトルが年々、記事の内容と乖離していくのが気になっておりました。

なので。この際ブログタイトル変えちまおう、と。

そんな訳で、ブログ説明文に載せてた副題を昇格させました。

「管を巻く」とは、
良く分からないことをあれこれと言ったり、しようもないことを何度も繰り返ししゃべること。「酔っ払ってくだを巻く」といった風に、酔っ払いについて形容するのに使われることが多い。 【実用日本語表現辞典より引用】

よし、これだな。と思いました。笑

ライブへ足を運ぶ頻度が減ったので、ブログ内容はライブ感想以外にも他の音楽話や音楽以外の趣味についてだらだらと書くことが増えそうな予感がします。

「虚空に向かってクダを巻く」、ひとつ宜しくお願い致します。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

あくまで只の人間であって ごめんよ

お久しぶりでございます。春ですね。

今回は今までとは大分、毛色の違う記事を書かせて頂きます。

ライブへ足を運ぶ回数が減ったこともあり、ブログが放置気味となっておりましたが…。

そのようなブログであっても、今回記す内容が皆様のこれからの生活における判断材料の一助となれば、と思います。
 
まず、此度の震災において被害に遭われた方々に対しお見舞い申し上げます。

震災によって。

これからの生活はもとより、職場の被災によって就業が不可能となり収入に不安を抱いている方々の心中をお察しするに余りあります。

それに付随して被災地以外の場所でも、仕事が無くなり会社から自宅待機を命じられた方々が多いのではないかと察します。
 
私が今回記す必要を感じたのは、休業手当のことです。
そして、それに関連する国の保障の話です。

参考までにお読みいただければ幸甚に存じます。
 
■休業手当 (労働基準法 26条)
「使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中その労働者に、その平均賃金の100分の60以上の手当を支払わなければならない。」

つまり、会社都合による休業の場合は、会社は社員(パート・アルバイト含む)に対して平均賃金の60%以上の手当を支払う義務がある。ということです。

これは強行法規たる労働基準法の義務規定のため、会社が違反した場合は罰則があります。(労働基準法 120条)

休業手当は、労働者の最低限度の生活保障を目的としています。

会社都合で休業(自宅待機含む)を命じられた日が1日でもあれば、その日について(休業日ごとに)休業手当の対象となります。
ただし、就業規則や労働契約などで休日と定められている日(一般的には土日)は、休業手当の対象にはなりません。

休業手当は給料日に、給料と共に支払われます。
(休業手当は法律上の「賃金」として扱われる。)
 
休業手当の支払い義務が会社に生じる「使用者の責めに帰すべき事由による休業」の例
→原材料不足による休業
→不況を使用者(会社)の努力によって乗り切れる場合の休業

今回の地震により、事業場の施設・設備は直接的な被害を受けていない場合には、原則として「使用者の責に帰すべき事由」による休業に該当すると考えられます。
ただし、例外もあります。労働基準監督署等に相談して、総合的な判断を仰ぐのが安全かと思います。

社員に休業手当を支払う会社は、申請すれば雇用調整助成金および中小企業緊急雇用安定助成金を受給できます。
(助成金は従来のものにプラスして特例措置がでてます。)

これらの助成金は、「使用者の責めに帰すべき事由による休業」に該当しているか否かに関わらず、会社が社員に対して休業についての手当を支払う場合、受給できます。

(例:計画停電による休業は、厚労省の通達により「使用者の責めに帰すべき事由による休業」には該当しませんが、社員に休業手当を支給する場合、会社は助成金がもらえます。)
 
で。コレ↓ 重要なのですが。

ただし、天災事変など不可抗力によって休業する場合、会社に支払い義務は生じません。

これに関連し、雇用保険において特例措置が適用されるようです。

事業所が災害を受けたことにより、事業を休止・廃止したために、休業を余儀なくされ、賃金を受けとれない状態にある方は、実際に離職していなくても失業給付が受給できます。

災害救助法の指定地域にある事業所が災害により事業が休止・廃止したために、一時的に離職を余儀なくされた方については、事業再開後の再雇用が予定されている場合であっても、失業給付を受給できます。

この特例措置制度を利用して、雇用保険の支給を受けた方については、受給後に雇用保険被保険者資格を取得した場合に、今回の災害に伴う休業や一時的離職の前の雇用保険の被保険者であった期間は被保険者期間に通算されません。
  
詳細につきましては、個人によって事情が異なると思いますので、法テラスまたは労働基準監督署にてご相談くださいませ。社会保険労務士に相談するのもよいと思います。

(今回の震災により、様々な通達や特例措置が出ています。それらは流動的に変化し、情報は日々更新されておりますので、個別に電話等で直接相談をするのが1番安全で確実です。)

厚労省のホームページも併せてご覧ください。

そういえば、3月27日に放映されたテレビ東京の特番「池上彰の緊急報告 震災のなぜに答える」で、「天災事変による休業の場合は休業手当が出ないが、国から平均賃金の5分の4にあたる保障金が出る」というような事を言っていたような気がするのですが、今いちソースがどこにあるのか把握できなかったので断言して載せることができません。
私が勘違いをしているだけかもな…。もし、そのような保障があるとすれば非常に魅力的なのですが。

私は専門家ではないため、拙い文章で申し訳ありません…。

今回のタイトルはハヌマーンの「幸福のしっぽ」から拝借しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月31日 (金)

さくさくっと参ります

一夜明けました。

昨日は途中参加の上に激しいバンドは聴いていないにもかかわらず、けっこうヘロヘロでした…。体力が無いです。

OGREを聴くためにNICOは我慢しました。
斉藤和義は聴けた。良かった。

七分Tシャツに黒いロングカーデを羽織っていたのですが、会場が思った以上に暑い!

他はロンTしか持っていなかったので、グッズの購入予定はなかったのですが、今日着る用に慌ててトクマルさんのTシャツを買いました;

本日は、sleepy.、バクホ、HIATUS、SOIL、毛皮のマリーズあたりを聴けたら良いな〜と思ってます。

年越しはHIGEかエレカシか迷いつつ、エレカシに行く予定。

ではでは、良いお年を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

さくっと参ります

お久しぶりです。

お久しぶりすぎて誰も見ていない気もしますが。

なんの言い訳にもなりませんが、今年は忙しすぎる一年でした…


ところで。今日と明日。
唐突ですが、CDJ初参戦します。


とりあえず、紅卍までに間に合えばいいや。
と、のんびりしていたら新幹線に乗り遅れました。しかも急病人が出て新幹線緊急停車。さらに遅れてます…

なんとか京葉線に乗れました。
ちょっとでも見れたら良いのですが。


曽我部さんとNICOとOGREとトクマルさんが聴ければ今日は満足です。
斉藤和義もちょっと聴きたいけれど。

友人とは紅卍にて現地集合…。終了までに間に合うのか自分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

積もり積もる日々の事触れ

ご無沙汰しております。

すみません…。
年末年始の挨拶もせぬまま、既に春。

こんなに間が空いてしまいました。

年明けから急に仕事が忙しくなり、ノー残業デーも土曜も祝日も無い状況でした。
夜10時に帰宅して朝7時前に家を出ると云う生活。

家事の面で一人暮らしがキツいと感じたのは、7年目(もうすぐ8年目…)にして今回が初めてです。

日曜か平日の早朝にしか洗濯できないのが酷くつらかった。
夜中に洗濯機を回すのは騒音に関しての抵抗が拭えず。

まぁ…そんな事はいいんだ!言い訳だ!!
 
本題行きます。

2月末の土曜の事なので、2週間ほど前の話ですが。
やっと休みが取れた貴重な土曜日。

西新太展「ロマンチックのからっぽ」に行って参りました。

西さんの個展に行くのは2年ぶりです。
前回と同じギャラリーでしたので、迷わずに行けました。

だらだら準備していたら時間ギリギリになってしまい、終了30分前位に到着。

この時、私は何も考えていなかった。土曜の終了時間前…てことは。

よく考えたらこの帯は、関係者が相当集まる時間帯なのでした。
おそらく…あの空間に居た中で、全く無関係な人間は私だけ。

…ば、場違いでした?

思わずびびって後ずさる私。小心者です。
すみっこで、邪魔にならないように鑑賞。

…してたのは最初だけ。
そのうち開き直って、がっつり鑑賞させていただきました。
いやあ、楽しかったなぁ。

4本なんだけど見方によっては2本足にも見える犬のような絵が目を惹きました。

西さんの絵は、にじみの表現が特徴的だなぁと勝手に思っています。
なんだかほっとするよ。良いよ。

ギャラリーの御方か西さん関係者の御方なのかは判りませんが、鑑賞中に女性から飲み物を勧めていただきました。

「お茶かビール、どちらになさいます?」  …ビール?
「あ…じゃあビール、お願いします。」

躊躇無くビールを選ぶ自分。ビール飲みながら絵をみるなんて贅沢。
今思うと、関係者でもないのに良かったのか?
美味しかったです。えへ。

今回もポスターを買おうと、先程の女性に話しかけてみました。
すると、西さん自ら親切に応対なさってくれまして。

うわわ。と、急な展開に思わず緊張。
西さんに話しかける勇気が無いから他の人に話しかけたのに!

結局ありがとうございますしか言えなかったですよ…
せっかくの機会、色々話せばよかったなぁ…と思っても後の祭り。

ポスターにはCDも付いてきました。何気にサイン入り。
音響系…?この表現が合っているかは解りませんが。
iTunesに入れたらアーティスト名が「G12」となっていたのですが、西さんの制作…ですよね?

西さんが現在名古屋に在住かどうかは分かりませんが、次に名古屋で個展を開いてくれる機会があったらまた是非行きたいです。

なんだか思いつくままに書き記してみたら、とても長い記事になってしまいました…。多少短めの記事でコンスタントに更新出来るのが理想なのですが、中々上手くいきません;
 
話は全然変わりますが、今日はブックマークイヌヤマに行ってきます!
本当は昨日も行くつもりだったのですが…休日出勤でした。

武家屋敷で古本市!楽しみだ!!

真夜中通り越して朝になってしまったため、変なテンションですがこれにて失礼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

揺れれば音が浸すでしょ

お…おひさしぶりです。

なんと云いましょうか…一度、書かない癖が出てしまうとどうも書くタイミングを失ってしまうようです。(言い訳)

久しぶりのライブに行ってきました。
これはブログを書く良いタイミングだと思いまして。

とか言いつつ、8月末に行った音楽イベントRe:mixもブログ書くタイミングとしては良かったはずなんですけどねー…。
ちなみにRe:mixはかなり面白いイベントでしたよ。

タイミングとかいいながら、いつの間にやら1週間経っている…。

では本題。

「"Which is the Right Brain" Tour with Sunset Rubdown」
@今池TOKUZO
OGRE YOU ASSHOLE/Sunset Rubdown/トクマルシューゴ

ライブ自体も久々だったのですが、3マンのライブは本当に久しぶりで…。正直、かなり足腰にきました。苦笑
混んでたせいもあるけど、3マンってこんなに辛かったかなぁ…?
…歳のせいにはまだしたくないな。かろうじて20代前半ですよ;

しかしまぁ、充実した内容のライブでした。
毎度ながらの個人の主観たっぷりな感想ですが、ご了承を。
↓詳細は「続きを読む」にて。
 

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

«伝わらないことが僕らにはあって